So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
日本のロック ブログトップ
前の3件 | -

YMO『テクノデリック』リイシューCD(TOCT-24239) [日本のロック]

ブログ久しぶりです!
9月以来更新が止まっておりました。。

なんだか年末年始はバタバタと忙しかったなぁ。
そうこうしているうちに、もう2月も終わりです(汗)
で、レコードは相変わらずガンガン買ってますw


久々だとどんな盤のことを書こうかなと思ったけど、
なんだか最近急に聴き直したくなって衝動買いした
YMOのリイシューCDにしてみました。
安かったんで、レコードじゃなくCDね。


YMO / テクノデリック
国内盤CD(1999年リイシュー盤)※帯なし
東芝EMI TOCT-24239
購入価格 250円(DU横浜関内にて)


IMG_7238.jpg
CDはオリジナルLPとジャケ違いでした。

IMG_7239.jpg
盤面は黄色。

IMG_7242.jpg
ブックレットより。このメンバー写真がオリジナルLPジャケでしたね。

IMG_7241.jpg
ブックレットより。1981年ツアーのステージ写真。

IMG_7240.jpg
このシリーズを見分けるには裏ジャケのデザインを憶えておこう。


この1999年リイシュー盤のジャケット・ブックレットには
松武秀樹さんと細野さんそれぞれのロングインタビューや
年表が載っていたりして、資料性が高い価値あるリイシュー盤。
聴きたかった音を安く聴けてライナーも読めて良かったです。


なぜかここのところYMOに触れる機会が何度かあって、
具体的にはBS12で金曜のド深夜にやっている
「ザ・カセットテープ・ミュージック」のYMO特集を観たことと、
2月12日の祝日にJ-WAVEでやっていたテイトウワと松武秀樹の
YMOに関するインタビュー対談を聞いたから聴きたくなったのね、
特に『BGM』と『テクノデリック』を。







「ザ・カセットテープ・ミュージック」はマキタスポーツと
評論家のスージー鈴木による歌謡曲探求テレビなんですが、
これ毎回かなり面白いので録画して観ています。
沢田研二特集も、とても良かった^^


そして面白かったのがテイトウワ×松武秀樹のラジオ。
ツイッターで事前に放送があるのを知ったので
アラームつけてしっかりリアルタイムで聞いたんですけどね。

現役時代のYMOの一番近くにいた松武さんと
YMOファンにしてメンバーとも交流あるテイさんの話は
ぼくは知らない事が多くて「へぇ〜」の連続でした^^;

バカでかいタンス(シンセ)の話、オリジナルサンプラー開発の話、
教授のプロフェット5の話、「ファイヤークラッカー」プロモ盤の
音の違いなどなど、貴重なエピソード満載です。

このラジオ番組はYouTubeに上がっているので
未聴の方はぜひ聞いてみて下さい!





そして、両方の番組でかかったのが
『テクノデリック』収録の「体操」でした。
やっぱりね、カッコいいんですよ、そのサウンド。

『BGM』と『テクノデリック』は1981年当時は
その良さがぜんぜん分からなかったものですが、
その後ポストパンク〜ニューウェイヴをリアルタイムで聴いて
さらにエレポップとかワールド系とかジャーマンロックを聴くようになって
やっとその凄みが分かった、という後乗り組です。

ずっと前にLPレコードを中古で買ったはずだけど探すの面倒で
CDも確か初期盤を持っていたけどどこにあるか分からない〜、
それでタイミングよく今回のCDを250円で発見したので
思わず購入してしまった、というワケですね。


あらためてキチンと聴く『テクノデリック』、いいですねー。
シリアスでミニマルでインダストリアルでサイケデリック。
1981年のロックとして世界標準から見ても最高峰の音じゃないでしょうか。
今の時代に繰り返し聴いても十分に耐え得る音の構築美にシビれます。


突発的にやってきたYMOのマイブーム、
もう少し別の音源も掘って楽しもうかしら。
次は『BGM』だな。。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

METAFIVE『METAHALF』4月にアナログレコードでリリース [日本のロック]

昨年のレコードストアデイ限定販売で争奪戦になったMETAFIVE。
後日に限定で追加プレスがあったのでぼくはなんとかそれで入手しました。
一度ライブも観に行きましたが、カッコよかったなぁ。
アナログレコードで爆音で聴きたいアーティストですね。

そんなMETAFIVEの2016年11月リリースのミニアルバム『METAHALF』が
アナログレコード化決定、各販売サイトで予約開始されています。
アナログ化を見込んでCD買わなくてよかった(笑)




上記リンクはアマゾンですが、タワレコ、HMV、楽天ブックスと
ひととおりポイント還元率と保有ポイントを確認してみたところ
楽天ブックスが一番ポイント還元率が大きかったのと
自分の保有ポイントで買えそうだったので楽天で予約しました。
悲しき貧乏音楽マニアには地道なポイント取得も大事なんです^^;


METAHALF [ METAFIVE ]

画像が楽天ブックスのリンクなんですが
サイトを見るとパッケージが「CD」となっているんですよね。
でも発売日と価格とJANコードで調べたらこれはアナログでしょう、
と自分で勝手に判断して予約してみました。

一応「CD」となっていますので、もし楽天で予約する場合は
最終的にご自身で判断してくださいねー。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

大滝詠一のベストアルバム『Best Always』が出る! [日本のロック]

タワレコからのメルマガで
大滝詠一さんのベストアルバムが出ることを知りました。
12月3日発売、タイトルは『Best Always』




意外にも、いままで大滝さんのベスト盤は
出ていなかったんですね。
音源をご自身で管理されていたので、
あくまで自身の「作品」としてのアルバムは
無闇に乱発しなかったということでしょう。

残念ながら昨年の年末に急逝されて
ご遺族やスタッフなどで十分に検討されての
今回のリリースなのではないかと推測されます。

商売的な側面ももちろんあるとは思いますが、
それ以上に次世代への大滝音楽の継承を考えると
大変に意義のある「新作」アルバムの企画だなと
思ったりしています。


案内メールによると、
「シングル楽曲を中心に構成された全キャリアを網羅するベスト盤」
とあります。

全キャリア、ということで
なんとはっぴいえんどの楽曲も入るとのこと。
どんな選曲になるのか、超楽しみw


そして、インフォメーションのなかで特に驚いたのが
いままで未発表だった「夢で逢えたら」の
本人歌唱バージョンが収録される!
ということ。

大滝さんの葬儀の出棺時に本人歌唱バージョンが流れ
参列者を驚かせたということでしたが、
今夏になってスタッフが遺品のなかから
大滝歌唱バージョンのマスターテープを発見。
80年代はじめ頃にひそかに録音していたそうです。
亡くなってもなお、ビックリさせてくれますねー。

33.jpg
(これがそのマスターテープ! Photo By スポニチ)

この一曲だけのためにでも購入する、という
ナイアガラーは多いことでしょうね。
ぼくはハードなナイアガラーではありませんが
大滝ポップスファンとしてありがたく購入させて頂きます(笑)


ググってみたけど、まだジャケット写真などは
公開されていないようでした。
永井博さんの書き下ろしイラストになるのかな?
そのへんも楽しみですね。


2枚組CD・35曲収録、
初回限定盤はカラオケ収録のボーナスディスク付き。
このアルバムが今年一番のクリスマスプレゼントになりそうです。
楽しみに待ちましょう!

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の3件 | - 日本のロック ブログトップ