So-net無料ブログ作成

7月のライブ雑感 その2 ザ☆フランス座7 @浅草東洋館 2018.07.22 [笑芸]

【7月22日 水道橋博士主催「ザ☆フランス座7」@浅草東洋館】

博士主催の「ザ☆フランス座」は毎回ゲストを招いて
その人の芸と歴史を紐解いていくトークライブ。
いつもチケットが売り切れたり気づいたら終わっていたりしたけど
今回は無事にチケット入手し観覧してきました。

IMG_2686.JPG


今回のゲストは、博士の兄弟子・たけし軍団のグレート義太夫さんと
東京笑芸界の陰の立役者・ブッチャーブラザーズのぶっちゃあさん。
この二人だったのでチケット売れてないという噂もありましたが(笑)
当日は無事に満席でしたね。しかし東洋館の席は古いので狭い。。


まずは義太夫さんの漫談から。
ボーイズ協会に入ったとのことで寄席定席にも最近は出演しているそう。
寄席芸的なギター漫談で会場は暖まる。

次に、ぶっちゃあさんがアブドーラ・ザ・ブッチャーよろしく
観客席の後方から上半身裸で乱入。これは博士の演出らしいw
三人揃ったところでメインのトークライブへ突入。


とにかく、1980年代以降の東京の笑芸界を陰で支え続けて来た
ぶっちゃあさんの逸話の数々が面白く且つ貴重な証言満載。
伊集院光や爆笑問題がいつもラジオで語っているように
ぶっちゃあさんが居てこそ東京のいまの芸人界があることが
よく分かりましたね。


いずれ、博士の界隈(メルマ旬報とか)でぶっちゃあさんの列伝でも
連載していただいてゆくゆくは書籍化して欲しい。
高田文夫先生の著作とともに貴重な東京演芸界の記録となることでしょう。

あ、その高田先生も見に来ていたとビバリーで言っていた。
お見かけしたかったなぁ。残念。
ここのところ高田先生の話を生で聞く会に参加してないので
そちらもマメにチェックしなくちゃ。


次のザ☆フランス座は10月開催。
まだゲストは発表されていないけど、次も参加しよう。
それまでにまだ読了していない「藝人春秋2」を読破しなければっ。

 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

7月のライブ雑感 その1 TAMTAM @渋谷WWW 2018.07.04 [音楽ライブ]

山下達郎ライブ以外に7月に出掛けて観た生もの雑感、その1。


【7月4日 TAMTAM @渋谷WWW】

日本の若手バンド「TAMTAM」については以前にも記事に書いた。
https://rockslim.blog.so-net.ne.jp/2014-10-22

2014年ということはもう4年も前なのか。。
だいぶ遠ざかっていたけど、ぴあかe+のメールでライブ開催を知り
サクっとチケット取ってみて再びライブを観てきました。

そのチケットの整理番号がなんと1番で(汗)
さすがに若者の多いスタンディングの会場に一番乗りで待つのは辛いので
開演15分前に到着し程よい位置を確保。

渋谷WWWはだいぶ前に映画館だった時に何度か足を運んでいて
ライブハウスになってからもR&Rバンドのマックショウを観にきたことがあった。
パルコの脇、スペイン坂を上がりきったところですね。
ここは大きな段差の観覧スペースがいく層かあり非常に見やすい会場です。


で、TAMTAM。
ここ数年でバンド事情がかなり変化していたようで
レゲエ/ダブのキモとも言うべきベースが脱退した模様。
それと並行して追求する音楽性もより自由になり
広範囲な現在進行形音楽のミクスチャーとなっていました。

近年のインタビューでは「過去の曲は捨てた」とも言っており
前に気に入っていた曲は演奏しなかったけど(ちょっと残念)、
こういうバンドを追いかけていくのも楽しいかな、と思いました。


今年の最新作はクールな今どきの海外ソウル/ヒップホップの音に近く
僕にとっては超モダンな音でした。


Modernluv

レゲエの残り香のある2016年の前作の方が自分には好みかな。


ニューポエジー


またライブがあったら行ってみよう。
好きだった「クライマクス」を新アレンジで演ってくれたら嬉しいな。




タグ:TAMTAM 渋谷WWW
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽