So-net無料ブログ作成

黒澤明『七人の侍』を映画館で観た [映画]

また久しぶりのブログ更新になっちゃった。
相変わらずレコードはボチボチ買ってるけど
なかなか腰を据えて書けないね。


今月は、久しぶりに映画モード。
人と話していて音楽映画の話になり話題は『シング・ストリート』へ。
昨年映画館で見逃していたけどWOWOWから録っといたのを鑑賞。
いやー、80年代リアルタイムの身としては懐かしく甘酸っぱい青春映画でした。

デュラン・デュラン風、キュアー風などなど見事な音楽監修は
あのDANNY WILSONのGary Clarkでした。
サントラだけでも楽しめる素晴らしい内容なので必聴。
アナログ・レコードも出てます。


Sing Street [12 inch Analog]

ついでに、ダニー・ウィルソンの大名曲「Mary's Prayer」も。




ちなみに、『シング・ストリート』を薦めてくれた美人さんに
僕は『ベイビー・ドライバー』を薦めておきました。
この映画も最高です^^






あ、『七人の侍』の話だった。

そう、『シング・ストリート』で映画自体を見たのが久々で
やっぱり映画はいいなぁ、映画館で見たいなぁとなんとなくググってたら
「午前十時の映画祭』という名画企画を全国でやっているのを知り、
ちょうど6月中旬は黒澤明『七人の侍』だったので観に行ってみました。

黒澤映画は80年代後半〜90年代前半くらいに回顧特集上映があった際に
いくつか観たんだけど、なぜか初期作品や現代劇などばかり観て
七人の侍、用心棒、蜘蛛巣城、椿三十郎などの超名画時代劇は観なかった。
なぜだかは不明。いつでも観れると思ったのかな??
『隠し砦の三悪人』だけは観て、面白くて感動したのにな。


そんなこんなで、なんと初めて観た『七人の侍』でしたが。
当たり前だけど、面白過ぎる大名画でしたw
3時間以上ある大作だけど、休憩あるのが助かった^^;
映画とかライブとか、最近はトイレの心配が常なので(泣)

まあとにかく、画力、ストーリー、演出、キャラクター設定、
演技、編集、美術、音楽と、すべてが力強く美しくムダが無い。
内外問わず計り知れない影響を与えたのが観れば一発で分かりました。
なんで今まで観なかったのか.... いや、死ぬ前に観れて良かった。
素晴らしい映画体験でした。


今回は、ららぽーと横浜で観たんだけど
いくつか上映スクリーンがある中でもプレミアというスクリーンで、
座席が大きく隣席との距離もありゆっくりと鑑賞できたのも◎。

IMG_1880.jpg

もう『七人の侍』は終わっちゃったけど、同じ名画上映企画で
いまは『用心棒」、7月中旬は『椿三十郎』と黒澤映画が続くので、
ぜひまたららぽーと横浜TOHOシネマズで観ようと思います。


『七人の侍』の熱やまず、つい黒澤明DVDコレクションも買ってしまった。



他の黒澤映画2タイトルも一緒に購入。
DVDで観返しながらデータや周辺情報も読み込んで
しばらくは黒澤映画の世界にどっぷりハマりたいと思います!


そして、映画熱も上昇中につき
今週はさらに二本を映画館で鑑賞してきました。
その話は近日アップ(できたらいいんだけど)。


nice!(1)  コメント(2) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。