So-net無料ブログ作成

森達也監督・映画「FAKE」を見て来た [映画]

数年前のゴーストライター騒動で日本中が騒然となった注目の人、
佐村河内守氏のその後を追った森達也監督のドキュメンタリー映画
「FAKE」を少し前に新百合ケ丘のアートセンターで見てきました。


IMG_1582.jpg


かなり話題の映画で、ラジオでは実に多くの人たちが
「FAKEを見た、面白い!」と話題にしていました。
一番最初に知ったのはTBSラジオ「たまむすび」内での
町山智宏さんの映画紹介コーナーででした。

ちなみに、町山さんのこの映画コーナーは彼の話術とともに
毎回「へぇ〜」が止まらない解説とトリビアを提供してくれるので
超オススメです。YouTubeでいくつか聴けるかも。



さて「FAKE」ですが、評判どおり面白い作品でした。
だいたいにおいて、フィクションには個人の嗜好にとって
当たり外れがあると思うのですが、

ドキュメンタリーは自分の知らない世界を垣間みることができるので
たいていの場合は後味は抜きにして「面白い」という
感想になってしまうのですね、自分の場合はね。


まず、カメラは佐村河内氏に密着しているので
当然ながら視点は佐村河内氏側ということになりますが、
過剰に彼を擁護・正当化するという方向ではなく
「彼にとっての真実」が何か、を引き出していきます。

しかし、普通に毎日テレビなどを見ている側としては
対立している新垣隆氏の言動を日々目にしてきたので
沈黙を守って来た佐村河内氏が何を考えているのか
という部分を知るだけでも大変に興味深い内容でした。


一番の問題、というか疑惑だったのは
・本当に耳が聞こえないのか
・佐村河内氏に作曲能力はあったのか
という部分ですが、それについての答えらしきものは
この映画の中で提示されます(ちょっとネタばれですが)。

しかし、森達也監督が映画の中で提示するその内容を
全面的に信じるかどうかは観客に委ねられている、
という帰結になっています。

なにしろ「ドキュメンタリーは嘘をつく」という
著書もあるくらいですからね、森さんは。

よって、この映画を見ると「本当はどうなのか?」
という話を誰かとしたくなってしまいますね。
そのモヤモヤ感の提示が、まさに監督の狙いなのかもしれません。



ぼくがこの映画を見て思ったのは、佐村河内氏の真偽よりも
マスコミ報道のあり方とそこに垣間みられるいまの日本の空気が
なんとも窮屈で居心地悪く気持ち悪いものだな、ということ。
きっと、多くの人がそういう部分で同じ感じ方をしたのでは?


森達也監督の過去の作品を見ても常に「ものごとの真偽や正否」よりも
柔軟な視点、単一思考ではない双方向(あるいは多方向)からのものの見方
の必要性を観客に(あるいはこの国に)提示してきたのではと思います。

映画を見てどう感じるかは人それぞれと思いますが
いまの日本の空気や人間の業というものを再考するには
よい機会となる映画なのかな、と思いました。



蛇足ですが、佐村河内氏の記事を文春に書いて世間に疑惑を知らしめ
この映画にも名前が登場するジャーナリスト氏の本作に関する寄稿文も
合わせて読んでみると「双方の視点」を把握する上で興味深いので
一読をオススメします。

→ こちらの記事です




  


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽