So-net無料ブログ作成

ブライアン・オーガー+ジュリー・ドリスコール『オープン』紙ジャケSHM-CD [洋楽ロック]

これは昨年末に大手古本チェーン店で入手したもの。
帯がジャケ内に隠れていたからか、紙ジャケSHM-CDが
なんと280円コーナーにあり速攻でゲットしました。

ブライアン・オーガー・アンド・ザ・トリニティー・
フィーチャリング・ジュリー・ドリスコール『オープン』


IMG_1841.jpg
紙ジャケ右下に微小の潰れありますがなかなか良い状態でした。
これはUKオリジナル・バージョンの復刻ジャケ、US盤はデフジャケです。

IMG_1842.jpg
ひととおりインサート類もそろってました。

IMG_1844.JPG
ジャケットはポスター仕様。レアな7インチの写真も掲載。

IMG_1843.JPG
ポスタージャケの裏側。

IMG_1847.jpg
曲目拡大。6以降の5曲がオリジナル盤のB面で
ジュリー・ドリスコールのボーカル曲。
ローウェル・フルスンやステイプル・シンガーズなどの
カヴァーが黒っぽくて聴かせます。


オリジナル・リリースは1967年、
オルガン中心のヒップでジャジーなR&B演奏は
スウィンギン・ロンドンそのままのイメージでグルーヴィー。
90年代に広く再評価されたことも納得です。


ジュリー・ドリスコールはその後キース・ティペットと結婚して
ジュリー・ティペットとして活動してますね。




旦那さんのキース・ティペットといえば
キング・クリムゾンでの客演が有名ですが、
ぼくが好きなのは The Keith Tippett Group 名義の1971年作
『Dedicated to You But You Weren't Listening』。



ヴァーティゴ・レーベルのオリジナルUK盤LPは
プレミア付きの高額アイテムなのでなかなか入手できませんが
CDで楽しんでいます。

特に1曲目は以前にDJでもかけたことある
ラテン風味のアッパーなジャズロックで超カッコいい!




こうなるとクリムゾンとかソフト・マシーンとか
クリス・スペディングとかいろいろ連鎖して聴きたくなります。
それにしても紙ジャケが280円とは、いい買い物でした♪


スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました