So-net無料ブログ作成
ブルース ブログトップ

Reiに大久保初夏、20代のブルース・ガールを発見 [ブルース]

日曜日の深夜に、また「Daisy Holiday!」を聴きましたが
このなかでまた新たなアーティストとの出会いが。

今回の細野さん×久保田さん×バラカンさん鼎談は
バラカンさん主宰のライブの告知を兼ねてのようですが、
出演アーティストをこの日は紹介。

そのなかで、Reiという女性ブルースシンガーを
紹介していたので早速ネットで調査。
ジョニー・ウィンター好きの21歳女子ってどうよ(笑)




ぼくの時代なら、しかるべきロックを聴いてから
徐々にブルースに興味を持ったりしたものですが、
最近の若い子たちはいったいどういう手順で
古い音楽に触れているのでしょう?

恐らく、YouTubeとかを見まくっている間に
ダイレクトに引っかかるのかな、とか想像したり。
なんだか羨ましいような羨ましくないような
複雑な気分ではあります。


ぼくの場合は、ビートルズ→ライバルとしてのストーンズ→
ストーンズのルーツとしてのブルース、という流れの中で
ライナーノーツ読んだりLPのクレジット見たりしながら
合間には本当に多くのアーティストを聴きながら
ブルースも聴くようになっていったという経緯があり。

いまはそのすべての経過をワープできますからね。
でも、若い子たちもきっと物の本質は掴んでいるのでしょうね。
とにかく、ルーツミュージックに関心ある若者が増えるのは
喜ばしいことであります。


Reiを知って、YouTubeでいろいろ見たりしていたら
もうひとりのブルース・ガールを発見。
23歳のシンガー&ギタリスト、名前は大久保初夏

ぼくが知らなかっただけで、10代ですでにP-VINEから
女子ブルースバンドでデビューしていたそう。
あの吾妻光良大先生との共演ビデオもありました!
ソロまわしもしていて、物怖じしないのが凄いッス。




うーん、まあまだ自分の知らないところで
新しい才能が活躍されていて出会いが嬉しい。
もっと積極的に音楽に接していかなければっ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
ブルース ブログトップ