So-net無料ブログ作成
検索選択

テイ・トウワの12インチ「BRAND NU EMO/BROCANTE」を予約 [新品レコード]

26日(日)のインターFM「細野晴臣のデイジーホリデー」は
テイ・トウワさんがゲストでした。
METAFIVE以降、再び気になるアーティストです。
ゲスト2週目だったようで前回は聞き逃してしまった(汗)


テイさんはニューアルバムのプロモーションだったようで、


【Amazon.co.jp限定】EMO (特典CD-R付)

こちらのアルバムがらみの話から最近の音楽事情まで
興味深い話がいろいろ聞けました。
上記リンクのアマゾン限定盤には特典CD-Rが付く模様。

toku.jpg
「GBI 」(Takkyu Ishino Remix) TOWA TEI with Kylie Minogue*

ウム。この特典盤聴いてみたい&欲しいぞ。


アルバムからかけた曲「YOLO」には
METAFIVEからLEO今井&コーネリアスが参加、
さらに女性ボーカルはローウェル・ジョージの娘の
イナラ・ジョージとのこと、ナイスでグっときた。

他の曲も聴いてみたくググってみると
アルバムのリードナンバー「Brand Nu Emo」のPVが。
これにはMETAFIVEの全メンバーが参加、
水原希子&佑果姉妹のVo.とビジュアルもキュートながら
サウンドはダンサブルなエレクトロ・ロックで激カッコいい!


コーネリアスのギターがキレキレです♪


これはアルバム全曲聴きたい、というワケで
CD-R付きアマゾンでCD買うか... と思っていたら
どうやら4月のRSDで限定アナログがリリースされるよう。
4月22日はまた渋谷に出かけないとな。。


で、アマゾンで関連アイテムに表示されたもののなかに
なんと「Brand Nu Emo」の12インチを発見。
これは予約可能だったので速攻でポチっとな。


BRAND NU EMO/BROCANTE [Analog]


ああ、今年もMETAFIVEにはやられますな。
LIVEがあったら、ぜひまた行きたいスw


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

高田文夫先生のトークショーに行ってきた [笑芸]

先週くらいからなにかと外出が続いていて
デヴィッド・ボウイ展にも行ったりしましたが、
まずは24日・八重洲ブックセンターでの
高田文夫先生のトークショーのメモを。


近年、高田先生の著作がコンスタントに続いていて
毎度出版記念トークショーを行ってくれますが
今回は『TOKYO芸能帖 1981年のビートたけし』の出版記念イベントで、
ゲストはビバリーでおなじみ松村邦洋さんでした。

IMG_2927.jpg
電話予約した本をイベント会場階で購入。
参加整理券をもらい入場。

IMG_2928.jpg
本には高田先生の千社札とサイン入り。
「いつでも高田文夫」「あの高田文夫」と洒落がきいてます(笑)


トークショーはだいたい一時間くらいかなと思っていましたが
月曜日ビバリーを聴いたら80分と言ってましたね。
楽しくてあっという間でしたが、無料招待にもかかわらず
長時間やってくれましたよ〜。

前回の同じ場所でのトークショーでは芥川賞作家で高田フリークの
西村賢太さんだったので高田先生は終始ツッコミ役でしたが
今回の松っちゃんとは阿吽の呼吸、お互いにツッコミ突っ込まれで
話があちこちに飛びまくりながら爆笑の連続でした。

松っちゃんはモノマネやりまくり、
某大女優のモノマネは大爆笑でしたが
放送ではかけられない危ないネタでしたね^^;


ここでしか聞けない面白い話がたくさんありましたが
「ネットとかSNSに書くなよ」とクギをさされているので
参加者だけのお楽しみだった、ということでひとつ。


高田先生はこれからも著作リリースが続くようなので
また出版記念トークショーがあれば参加したい。
すばやく予約するためにも月金のビバリーが聞き逃せませんw




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

デアゴスティーニのビートルズLPコレクション [ビートルズ関連]

※こちらは2017年3月16日記載の記事です。
 ビートルズLPコレクションは2017年8月29日より再度正式に刊行されるようです。
 デアゴスティーニの公式ページは こちら!



昨日、近所のスーパー内にある本屋に立ち寄ったところ
ビートルズのアビイ・ロードが表紙の大きめの雑誌を発見。
ん?ナニ?と思いつつ手に取ると

デアゴスティーニの「ビートルズLPコレクション」

であることを確認。
TV-CMでも他の広告でも見たことく唐突な出会いでしたが
全アルバムがLPレコードで外装ブックレット付きで
定期刊行されるようでした。ビックリしたなぁ。


買おうかどうか迷いましたが
取りあえず手のひらサイズの四つ折りチラシだけもらってきました。

IMG_2867.jpg
180g重量盤の表記が。創刊号(アビイ・ロード)は1,990円。

IMG_2868.jpg
広げると購読特典などの案内が。

IMG_2869.jpg
裏にはラインナップを掲載。赤青盤、BBC、LOVEやONEもあり。
アンソロジーは各3枚組。


とになくぜんぜん知らなかったので驚いたのですが
調べてみると海外では昨年から刊行がはじまっていたようです。
UKとイタリアのデアゴスティーニ・サイトで確認できました。

UKサイト
https://www.deagostini.com/uk/collections/beatles-vinyl-collection/

UKシリーズでは全巻購読特典が凄いことになってます。
Tシャツ、デイパック、LPディスプレイ・フレーム、USBメモリ、
ターンテーブルマット、マグカップ、ノート、LPボックスまで
これでもかと特典が付いてくる模様。

毎回付いて来るブックレットも英語で体裁がいいし
いっそUKから購読しようかと思いましたが
どうやらイギリスとアイルランドの人だけが対象のよう。

一方、日本の全巻購読特典はディスプレイスタンドのみ。
これはちょっと考えて欲しいなぁ、日本のデアゴスティーニさん。


それにしても、日本のシリーズ詳細をネット検索しても
デアゴスティーニ公式サイト、アマゾン、楽天ブックスなど
どこにもまだ告知案内がないのが不思議。
もう店頭には初回「アビイ・ロード」が並んでいるのに...


ところで肝心の盤ですが、2009年リマスターのSTEREO盤のようです。
昨日店頭で確認したアビイ・ロードの品番はPCSのUK品番でしたが
海外のコレクターが上げているYouTubeでレーベルを見ると
「Made in E.U.」となってました。

また、その動画のレーベルを映した映像から確認できたのは
リムに「De Agostini」の表記があったこと。
基本は現行の最新リマスター盤ステレオLPなので魅力なしですが
リム違いなどに拘る方にはコレクタブルなシリーズとなる、のかな?

日本でのシリーズも盤は輸入のEU盤、外装ブックレットは日本製(日本語)
という仕様でシリーズは進みそうですね。

海外コレクターのYouTube動画


カッティング・エンジニアのショーン・マギーと
ビートルズ研究家ケヴィン・ハウレットのシリーズに関する
インタビュー動画もあり。



とりあえずアビイ・ロード買ってみるかなぁ。
UK仕様の英語版ブックレットがせめて付いてれば嬉しいんですけどねぇ。
日本語表記のブックレットとパッケージはイマイチでしたよ。。



nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽