So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

THE EVERLY BROTHERS『EB84』中古レコード [中古レコード]

久々に中古レコードの話題でも。

今年は街に出れば中古レコード屋に立寄り(主にDUですが)
結構な頻度で安レコばかり買ってます。
これは3月に買って放置していたレコード。

THE EVERLY BROTHERS『EB84』 US Mercury
3月某日・下北沢DU 292円

IMG_5339.jpg
US盤なので一応はオリジナル盤ということになるのかな。
ジャケにリングウェア&底抜け。VGレベルですね。

IMG_5340.jpg
インナーバッグに歌詞を掲載。
その内袋には切れ目、染み、底抜け&側面も派手に裂けています(汗)

IMG_5348.jpg
IMG_5349.jpg
盤面自体は若干のスレあるものの良好。Exと言っていいレベル。

マトリクスは機械刻印で「STERLING」と手書き刻印で「SLM」の表記あり。
STERLINGはマスタリングが「スターリング・サウンド」で行われた意、
SLMはSHEFFIELD LAB MATRIXの略だそうでSHEFFIELD LAB社の工場で
マザーを作成したことを意味する、とのことです。
両方とも高音質盤のひとつの目安にもなっているようですね。
なお、内袋には「Mastered by GEORGE PECKHAM」のクレジットもあります。
盤面に傷などなかったので音楽を聴く目的なら292円は嬉しい価格でした^^


このアルバム、実は国内盤で持っているものの家のどこにあるか分からず
DUで見つけてまた聴きたいなと思い、安いので購入しました。
いずれ家のが出てきたら聴き比べでもしてみたいところです。


で、肝心の音楽ですが。
エヴァリー・ブラザーズの黄金時代は50年代後半〜60年代前半であり
その後のUS、UKの多くのアーティストたちにも影響を与えた兄弟デュオ。
コーラスの美しさは兄弟ならでは、日本では大滝詠一、山下達郎&竹内まりや
夫妻のフェイバリットでもありますね(ラジオやアルバムでカバーしていました)。

このアルバムは1984年リリースですが1983年の再結成を受けて録音、
彼らの大ファンであるデイヴ・エドモンズ先生のプロデュースです。
デイヴといえばロックパイル唯一のアルバムのボーナス7インチ・シングルで
ニック・ロウとともにエヴァリーズの曲を4曲カバーしていました。
このボーナス盤は必聴・必携であります!

davenick.jpg
これがオマケの7インチ盤


↓このCDには4曲すべてボーナス・トラックで入ってます♪

Seconds of Pleasure


そして、何と言っても一番聴きたかったのが
A-1「On The Wings Of A Nightingale(ナイチンゲールの翼)」であります。
これがなんとポール・マッカートニーの書き下ろし曲で、
往年のエヴァリーズ・ポップスをリスペクトした美しいメロディを持つ
エヴァリーズのイメージにバッチリ似合っている素晴らしい曲!
この一曲を聴くためだけでも買って価値あるアルバムだと思っています。

この曲のポールのデモ音源がYouTubeに上がっていましたw


ギター&ベースと一人デュエットのシンプルな多重録音。
こうして聴くとポールの手クセのような自然な美メロだけど
サラっと書いたのかなぁ。やっぱりポール天才。


A-2はフランキー・ミラー作。当時のデイヴ先生〜ジェフ・リン直系の
'80sテイストもあるサウンドのロック・ナンバー。
カントリー・リックっぽいギターソロはアルバート・リーか?

A-3はそのジェフ・リン作。
ロイ・オービソンのようなドリーミーでメロディックなスロー曲。
ちょっとアレンジがスペーシー過ぎる感じがなきにしもあらずですが
この曲のアレンジはジェフ・リン本人でした(笑)

A-4はビートのあるカントリーR&R。
これがまさにロックパイル〜デイヴ・サウンドそのものですが
エヴァリー兄弟のダブルヴォーカルでカッコ良さ倍増。
A-5は往年もエヴァリーズ風を再現したバラッドです。

B面は2、3、5曲目がドン・エヴァリー作。
2はカントリー・ワルツ、3はレゲエ・リズム、4はバラード。
B-1がボブ・ディランの有名曲のカバー「Lay, Lady, Lay」です。
全体にB面は地味な印象があり、A面の良さが目立ちますね。


ミュージシャン・クレジットは以下。

DAVE EDNUNDS : Guitar
PETE WINGFIELD : Keyboards
ALBERT LEE : Guitar
JOHN GIBLIN : Bass
TERRY WILLIAMS : Drums
GERRY CONWAY : Drums
PHIL DONNELLY : Guitar

JEFF LYNNE : Bass
ROCHARD TANDY : Keyboards
GERRY HOGAN : Pedal Steel Guitar
PAUL McCARTNEY : Additional Guitar (A-1)

ジェフ・リンは自分の曲でベース弾いてるのかな。
ロックパイル・マニアとしてはドラムのテリー・ウィリアムスが嬉しいw


なお、録音とミックスは英国の「MAISON ROUGE STUDIO」。
アルバム発売後の1985年にエヴァリーズは英国ツアーもしているので
本国よりも英国ベースの再結成だったのかもしれません。
ということは英国盤も手に入れないと....


ところで、デイヴ・エドモンズはポールの映画『ヤァ!ブロードストリート』
に参加していますが、映画公開が1984年、サントラ録音は1982〜3年。
ポールの映画が縁でエヴァリーズでも一緒に仕事したのか、あるいは
エヴァリーズのこのアルバム制作が縁でポールの映画にデイヴが参加したのか。
前後を知らないのですが、大好きな二人がこうして競演しているのが何より嬉しい。
そういう意味でも個人的に感慨深いアルバムなのであります。





nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

根岸〜浅草〜牛嶋神社〜スカイツリー [街歩き]

先週の日曜日、家族の法事があり東京下町方面へ。
ぼくの誕生日に亡くなった祖母の33回忌でした。
お寺は根岸にあります。山手線だと巣鴨からですが
あまり好きではないので地下鉄で近隣まで向かいます。

地下鉄入谷駅で下車して海鮮で有名な割烹「さいとう」の前を通り
三叉路のお煎餅屋さんを奥に入るとお寺があります。
途中、富士塚もあり小ぶりながら由緒ある「小野照先神社」でお参り。
ここは無名時代の渥美清さんが願掛けしたことでも有名です。
あ、この日は御朱印帳を忘れちゃった^^;


法事を終えて浅草方面へ。
日曜日なので仲見世や雷門のあたりは人でごったがえしていました。

雷門の前に浅草観光文化センターというのを発見。
隈研吾さんの設計で木材を使った隈氏らしい建物。
2012年にオープンしていたのですね、
何度か近くを通ったけど気がつかなかったなぁ。

この観光センター、雷門から道を挟んで向かい側の立地なんですが
意外にも込んでいなくて、トイレを借りるには絶好の穴場です(笑)
カフェもある展望フロアからの眺めはこんな感じでした。

IMG_6724.JPG
仲見世〜浅草寺を一望できます。

IMG_6726.JPG
隅田川〜スカイツリー方面。例のウンコが若干隠れていますw


時間があったので浅草からスカイツリーまで歩くことにしました。
浅草寺の裏手側から隅田川方面に行き言問橋を渡ります。

IMG_6727.JPG
言問橋からの眺め。スカイツリーが真正面。
なんか、でかすぎてCGみたいでした。


橋を渡って川沿いすぐのところに「牛嶋神社」という看板を発見。
あまり聞いたことがなかったのですが古い建物みたいだったので
ちょっと立ち寄ってみました。

IMG_6728.JPG
立派な古い社殿の前には三輪鳥居が。
鳥居の左右にも鳥居が付いていて珍しいそうですよ。

IMG_6729.JPG
ここの神社にはいたるところに「牛」があり祀られています。
写真は「撫で牛」。自分の身体の悪い部分と同じ部分を撫でて健康祈願します。


神社をあとにもう少し歩くとスカイツリーに到着。
以前に一度行ったことがあるのでツリーには上らず適当にモールを散策しましたが
人が多過ぎたので早々に引き上げて帰宅しました〜


久々の街歩きは楽しかったですが、日曜日の観光地がどこも人でいっぱい。
やっぱり平日にのんびり散策するのがベターですね。
古本屋やレコード屋に寄らなかったのも久しぶりだなぁ。
掘りたくてウズウズしたけど、それはまた別の機会にw


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ニック・ロウ『Nick The Knife』『The Abominable Showman』リイシュー決定 [新品レコード]

ここのところ外出も多くそのたびに安レコードを買っていて
結構いろいろネタはあるのですが、
ついビートルズ関連やリイシュー盤のことばかり書いていて。
今日も大好きなアーティストのリイシュー盤の話題です。


ビートルズとストーンズを抜くとトップクラスに好きなアーティストは
ニック・ロウ(もっと言えばロックパイル)なんですが、
そのニック・ロウのソロ3作目と4作目がリマスター&ボートラ収録で
7月にリイシューとの情報がありました。ワオ!

アルバム・タイトルは『Nick The Knife』と
『The Abominable Showman』であります。
両方とも80年代にアナログで購入し当時はよく聴きましたが
最近はあまりターンテーブルに乗せてなかったなぁ。
ついロックパイルとソロ1st&2ndばかり聴いてしまうので。。




Nick the Knife [Analog]

『Nick The Knife』は1982年のソロ3作目。
ロックパイル解散直後のソロ作ですがデイヴ・エドモンズこそいないものの
ビリー・ブレムナー&テリー・ウィリアムスのロックパイル組が参加し
さらにスティーブ・ナイーブ、ポール・キャラック、マーティン・ベルモント、
ボビー・アーウィンらがバックアップしてパブロック色は全開、
かなりロックパイル・テイストの残るゴキゲンなポップR&Rアルバムです。

アップなジャングルビートでパンク色もある「Burning」、
ロックパイル曲をレゲエ・アレンジした名曲「Heart」、
これぞパブ・ロックな8ビート曲「Stick It Where The Sun Don't Shine」、
当時の奥さんカーレン・カーターとの共作ポップ・カントリー「My Heart Hurts」、
いまでもレパートリーにしているバラード「Raining Raining」などなど、
あらためて曲目確認するとかなりの名盤でありますね。

今回はリマスターでCDとLPでの再発、ボーナストラックには
「Heart」「Raining Raining」のデモ音源(!)とアウトテイクの
「I Got a Job」の3曲を収録。
アナログではボートラ3曲が7インチ盤で付くぞ!買うしかないね。




Abominable Showman [Analog]

『The Abominable Showman』は1983年のソロ4作目。
こちらでは固定バンド化したノイズ・トゥ・ゴー(ポール・キャラック、
マーティン・ベルモント、ジェームス・エラー、ボビー・アーウィン)が
バックを努め安定したロックンロールを展開。
まだこの頃まではパンク的なアップビート感を十分に楽しめて好きだ。

8ビート曲「We Want Action」「Ragin' Eyes」、
ポール・キャラックとのデュエット曲「Wish You Were Here」など
ポップ職人なニック・ロウを楽しめる内容です。

ボーナストラックは大名曲「(What’s So Funny ‘Bout) Peace, Love and
Understanding」と「Cracking Up」のライブ・バージョンで、
アナログは7インチ収録。これも買うしかないw


リイシュー元のYep Roc Recordsでは今年中にあと4タイトルの発売を予定。
『Nick Lowe And His Cowboy Outfit』『The Rose Of England』が8月、
『Pinker And Prouder Than Previous』と『Party Of One』が10月リリース。
ぼくは10月の2タイトルがフェイバリットなので今から楽しみです。


近年はビートルズとストーンズが映像含めでかいリイシューを連発し
さらに日々中古レコードを漁っていると他のリイシューを追うのも大変だけど
楽しみも倍増なのでなんとか食らいついていかないと^^;
レコード馬鹿の日々は続く。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の3件 | -